« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月

2014年10月27日 (月)

テーブルマークこども将棋大会(大阪)

全国をめぐるプロ公式戦「JT杯日本シリーズ」と同時開催されるテーブルマークこども将棋大会の大阪大会が10月26日(日)に開催されました。

ポポからも大勢のこどもたちが出場しました。

スワ先生はお仕事の都合で行けるかわかりません、と言っていましたが結局見に行けました!

20141026_101750

参加者は低学年の部と高学年の部を合わせて1200人以上。そんな中でポポの子を探すのは無理やろ!と思っていましたが。

046

対局前にめちゃくちゃ緊張しているYくんとか。

048

駒を取られて困っているAちゃんとか。

049

こんなにたくさんの人がいるのにポポ同士で当たってしまったSちゃんとMくんとか。

10人くらいの子と会うことができました!

高学年で1人、低学年で3人の子が決勝トーナメントに進み、高学年のT・Hくんと低学年のT・Iくんが1回戦を勝ちました。

20141026_113702

この大会はJTの飲料やテーブルマークの製品などを試食でいただくことができます。ポポ会員の親御さんたちと一緒にスワ先生も試食に行きました。もぐもぐ。ぱくぱく。ごくごく。おいしかったです。

参加人数とこの大会の成績に基づく昇級は、皆さんからの報告が揃ってからお知らせします。

2014年10月24日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

クモイ先生のレポートです。

--------------------

今回は10月の最終ということで、各クラスとも今月のまとめを行いました。

Img_2592

こども中級は2名の参加でした。講義では「8枚落ちの指し方」を序盤から終盤まで見ていきました。
対局では2人で平手を指した後、先生と2面指しで8枚落ち。講義の内容通りに上手を追い詰め勝ちきった子供がいました。

Img_2308

こども上級は、3名の参加でした。ここでは「歩の使い方」の問題を4問出題。
少し難しかったせいか、途中で下を向いてしまうこどももいましたが、対局になると元気を取り戻しました。
大会が近いこともあり、駒落ちでなく平手を多く指しました。先生との対局で、銀捨てからの飛車先突破と、鋭い攻めを見せた子もいました。

Img_5183

おとなはおひとりの参加。ご要望を踏まえ講義を長めに行いました。
かなり興味深く聞かれて、「実戦でもこのように指せれば」と仰られていました。

来月はまた講義のテーマを新たにする予定です。みんな頑張ろうね。

【昇級者】○こども R・Hくん 7級→6級

2014年10月23日 (木)

ポポ開講しました!(木曜初級・中級)

木曜も普段より1週早い開講です。来週は開講日ではないのでご注意ください。

001

初級は5人の出席でした。普段は中級に出席しているKくん兄弟が初級に来てくれました。内容は昨日の水曜日と同じ「両取りのかけ方」でしたが、中級レベルの問題もちょっと混ぜました。初級の子には難しかったと思いますが、中級の子のすごさを体感してくれたのではないでしょうか。

005

中級を受ける子で早く来た子がいたので、対局は初級中級合同で行いました。特に初級の子は普段指せない子と指せてよかったですね。

006

中級は3人。Kくん兄弟が加わるまではいつも3人でしたので懐かしい雰囲気でした。
内容は、こちらも昨日と同じ、実戦で出そうな詰み。昨日は取り上げなかった13手詰も出題したのですが、うんうんうなりながらみんなで力を合わせて解いてくれました。

【昇級者】
M・Sさん 8級→7級
Y・Mくん 25級→24級

ポポでは関西将棋会館道場との級位認定レベルを合わせるため、関西将棋会館で5級以上になった人はその級までは5勝ごとに昇級できるというルールを作っています。今のところR・HくんとM・Sさんがこのルールでの昇級を目指していますが、M・Sさんはなんと5連勝で昇級を決めました。
Y・Mくんは最近将棋の内容がしっかりしてきました。竜と馬を作ってからもたついてしまうので、おうちで詰将棋をたくさん解いてください。

昇級のチャンスで敗れたあとに連敗して崩れてしまった子がいました。大事なのは負けたあと。反省は教室が終わってからで構いません。教室の中では目の前の対局に集中しましょう。

2014年10月22日 (水)

ポポ開講しました!(水曜どうぶつ・初級・中級)

どうぶつしょうぎポポでは受講開始から半年が過ぎた子ばかりになったので現在、「ごろごろどうぶつしょうぎ」に挑戦しています。

でも「ごろごろ」は「どうぶつしょうぎ」のような「大盤」は売っていません……。(どうぶつしょうぎ大盤はねこまどshopで売っています! これを床に置いて対局すると盛りあがりますよ)

というわけで。

20141022_141809

ないものは作りましょう。

カラーコピー、コツコツと集めた(よくポストに入っている広告付きの)磁石、ダンボールで作りました。

20141022_144925

完成!

ちょっと重いので、たまに落ちます。(^-^; でもこれでだいぶ講座が進めやすくなりました。

今日は早速この大盤を使って、「詰み」のお話をしました。

006

MちゃんとJくんの対局。右のJくんがMちゃんのねこの前にひよこを置いたところです。なんとこれでねこの行き場がなくなりました。ひよこよりねこのほうが強いどうぶつだ、ということによく気づきました。

008

こちらは別のMちゃんとKちゃんの対局です。お互いにたくさんどうぶつを捕まえました。ここでKちゃんは自分のいぬのうしろにもう1匹のいぬを置いたので、Mちゃんのライオンさんはどんどんこちら側に逃げていきました。ここではライオンの2つ手前のマス目にいぬを置いておくと、ライオンさんが逃げてくることはできなかったですね。

みんな少しずつ、自分なりに作戦を組み立てるようになってきて対局に工夫が感じられるようになってきました。

011

Jくんはいつもどうぶつしょうぎと将棋初級を連続受講します。(現在、水曜初級を受ける子は同日のどうぶつしょうぎも無料で受講できるようにしています)

合間の30分に学校の宿題をしていました。今日の宿題はカタカナの「フ」と「ヘ」だったみたいです。

013

そのJくんも含めて、初級は7人の受講です。「両取り」のお話をしました。まず駒の強さの確認をして、いろいろな駒を使っての両取りの問題を出してみました。たまに答えのない、両取りにならない問題を混ぜてみましたが「両取りにならない!」と気づいてくれました。2つ狙っても、駒損してしまっては両取りをかけた意味がないですね。

016

中級は5人…に見えて、実は6人の受講です。

と言ったら、みんな不思議そうな顔をしていました。いつも保護者席から見学していたIくん兄弟のお母さんが今日は受講者の席に座っています。体験受講でした。土曜のおとなポポにはこどもポポ会員の親御さんが入会していて単独でいらっしゃるのですが、こうやって一緒に受講するのもいいですね。ハンドブックタイムも、対局ももちろん参加しました。

内容はお母さんにはちょっと難しかったかもしれない、「実戦でよく出てくる長い手数の詰み」を取り上げました。解いたことのある3手詰の技を繰り返しているうちに7手や9手で詰んでしまうというものでした。

もうすぐテーブルマークこども将棋大会があるので、最後に「ポポでもよく逃しているのを見る詰み形」を紹介しておきました。これで1つ多く勝てるかな?

保護者の皆様へ→26日(日)のテーブルマーク大会はメールにて結果報告をお願いいたします。

【昇級者】
J・Yくん 33級→32級
K・Sくん 21級→20級
H・Mくん 20級→19級

Jくんは初昇級です。動かし方をほとんど間違えなかったこともよかったですが、自分が二歩を打ったことにすぐ気づいて投了できたのがとてもいい姿勢でした。
Kくんは6年生なので入会時から中級に入ってもらっていましたが、これで正真正銘の中級になりました。
Hくんは反対に、小学1年生でおしゃべりが好きなのとまだ反則が多いので初級に来てもらっています。駒落ち上手が多くなって戸惑っていましたが慣れてきたようです。

2014年10月19日 (日)

摂津市・味生公民館

19日は先週に引き続き、南摂津の公民館での将棋サークルでした。

002

みんなで5手詰のプリントに取り組みました。小学1年生チームには最初の4手を教えて最後の1手を解いてもらいました。でも符号で伝えたので初手から4手目まで並べなければなりません。それがなかなか難しいと思っていたのですが、上手に駒を動かしてくれました。

上の写真を撮ったときは集中して取り組んでくれたのですが、途中からおしゃべり、走り回る、部屋を抜け出すなどなど、とても将棋教室とは思えない受講態度になってしまいました。月に2回しかない貴重な将棋の時間を大切にしてほしいと思っています。

2014年10月18日 (土)

ポポ開講しました!(土曜上級・初中級)

土曜日は月1回ペースが続いていますので、久々に来てくれた子も何人かいました。

007

上級の時間帯は事前に出席登録がなかったので「中級の子でもいいですよ~」と連絡したところ、5人の子が受講しに来てくれました。内容は上級レベルの「必至」。でもゆっくりゆっくりと進めました。

今回はポポにある本から出題したのですが、途中で1問、正解がなさそうな問題があってみんなで「あれ? おかしいねぇ」と言っていました。

スワ先生が家に帰ってからもう一度調べたのですが、「正解がない」が正解みたいです。本でもこういう間違いがあるのですね。

009

初中級は連続受講の子など8人。こちらはちょっとやさしめの「詰めろ」のことから、最後は中級の子でもちょっと難しめの「詰みがあったら詰ましましょう。詰まないなら詰めろをかけましょう」という問題を考えてみました。

今回はなんと、岡山県からおとなの方がポポの見学に来てくださいました。今後定期的に大阪に来られる機会があるそうで、時間が合えばおとなクラスにも行きたいとのことでしたが、現在決まっている日程は合わなさそうで残念でした。でも今回一緒に対局していただきました。

010

体験受講のKくんは年中さん。今日はたまたま幼稚園の子はみんなお休みだったのですが、土曜日は何人か幼稚園の子が来ているのでよかったらまた来てくださいね。

【昇級者】
A・Kさん 20級→19級
S・Iくん 21級→20級

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

クモイ先生がレポートを書いてくださいました。

Img_0210

こども達は講座を興味深く聞いてくれる子、下を向いてしまう子とまばらですが、 分かりやすく、明るく楽しい講座にしていきたいと思います。
中級の時間では、8枚落ちの中終盤の指し方を講義しました。
最初のうちは、王手の掛かる局面ではすぐに掛けたがります。竜の作り方や上手玉を上部に逃がさない指し方などを解説しました。
上手玉を追いすぎないようにするにはどうすればいいかを皆で考えました。その後の8枚落ちでの実戦では、早速そのことを意識して指せている子もいて、頼もしく感じました。

Img_0214

上級では、最後にリレー将棋を行いました。 先生も加わって、3対3で1手ずつ指して交代というものですが、満足そうな笑顔で次の子にバトンタッチしていく様子を見て、 こういうことが、こどもは本当に好きだなと感じさせられました。
結局将棋が終局せずにタイムアップ。こども達からは、「もっとやりたい~」の声が聞かれました。
またやろうね。

Img_0215

おとなでは今月入会されたNさんが先生を独り占めでの90分となりました。 上級の時間に行った「歩を使った攻め」の講義内容のレベルをやや上げて解説しましたが、 しっかりついて来られていたように思います。
また講義終了後、実戦終了後には沢山の質問を寄せられ、 とても熱心に解説を聞かれていました。私もこの熱意に負けないように頑張っていきたいと思います。

【昇級者】
○こども
H・Sくん 14級→13級
T・Nくん 17級→16級

2014年10月15日 (水)

週刊将棋10/15

週刊将棋10/15 対局レポート プロ編入試験 星野四段-今泉アマ

2014年10月12日 (日)

摂津市・味生公民館

10月12日(日)は摂津市の味生公民館での将棋サークル指導でした。

恥ずかしながら、初めて日程勘違いでのすっぽかしというものを先日やってしまいまして…1ヶ月ぶりの味生公民館です。

039

今回はお休みが多く、4人の出席でした。高校生、中学生が1人ずつと小学1年生が2人です。高校生と中学生はずっとふたりで対局してくれていました。

041

1年生のふたりはポポでいうと30級くらい。本将棋はやりたがるのですがまだ1局指し切るのが大変なので、できるだけ小さな将棋盤で指してもらっています。写真のように玉1枚を寄せる練習から。「勝つ係」と「負ける係」をかわりばんこでやってもらいました。

044

今回は初めて最後まで騒がずにやってくれるかな!?と思ったのですが、残り30分でじっとしていられなくなったみたいなので、急遽「将棋倒し大会」を開催!

5分で並べるだけ並べて、最後にたくさん倒したほうが勝ちというルールです。すごく集中して取り組んでいました。手前の子が見事に40枚全部倒して勝ちました。

046

続いて駒の積み上げ大会。これはスワ先生もここまで積み上げる自信はありません。上手ですね!

2014年10月11日 (土)

ポポ開講しました!(土曜おとな)

10月11日(土)のおとなポポのゲスト講師は北浜健介八段でした。

002

本題に入る前のお話が15分くらいありましたが、楽しかったです。

講座は実戦に出てきやすい詰み形の紹介。皆さん「5手詰までがやっと」とおっしゃっていましたが北浜マジックで2ケタ手数の詰みを発見していました。

018

手合はじっくりと1局。

026

指導対局は会員でない方も受けに来てくださいました。終わらなかった対局は指導対局中も続けていただいていますが、終局すると指導対局の席から北浜八段がアドバイスしてくださっていました。

037

指導対局は1周目(16時~)の方も2周目(17時~)を観戦していかれることが多いです。最後の1局で「ここで決め手があります」。全員で考えていました。

【昇級者】なし

2014年10月10日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

クモイ先生の2回目の講座です。

005

中級は5人の受講で、なんと「8枚落ちの上手の指し方」でした。かなり難しかったようです。上級向けの内容だったかもしれませんね。

金曜日の中級は水曜・木曜の中級に比べて時間帯が早いため、低学年の子の受講が多いです。
今日は途中で大盤を見ないでぼやーっとしている子、足を机の上に載せる子など、お行儀のよくない子が多かったです。
でも「それはやったらあかんで」と注意してくれる子もいたのは頼もしく感じました。

006

講座が終わったあとに受講態度を注意したところ、ハンドブックタイムは集中して取り組んでくれていました。

009

金曜日の中級は、他の曜日の中級に比べて反則が多いのも特徴です。幼い子が多いのでこれはやむをえないでしょうか。

013

上級は4人の受講で、歩を使った受けがテーマでした。クモイ先生もおっしゃっていましたが、攻めに比べて受けは考えることが多く、難しいですね。

015

おとなポポは新入会おひとりを含む3人の受講でした。上級と同じく、歩を使った受けを考えていきました。

なお、金曜のおとなポポは19時半からですが、こども上級の対局の時間帯(18時40分頃~)にお越しいただければ追加料金なしでこどもたちと対局していただけます。(でも相手は上級のメンバーなので、厳しい対局になることを覚悟してください!)

017

新入会のHさんはスワと駒落ちで対局しました。

020

IさんとNさんの対局は大熱戦でした。その間にスワとHさんは3局指しました!

【昇級者】なし

2014年10月 9日 (木)

ポポ開講しました!(木曜初級・中級)

木曜日も次回は1週早まって23日なのでご注意ください。

雨模様でしたが、みんな元気に集まってくれました!

004

初級は2人の出席。5×5の小さい将棋盤やどうぶつしょうぎで、駒の損得や数の攻めを考えながら対局してもらいました。

006

Cくんはまだ金銀の動かし方が苦手みたいです。1手詰ハンドブックでは途中から金銀がこんがらがってきたので、動かし方を確かめながら解いてもらいました。でも10分で10問以上解けるようになってきましたね。

008

中級は5人の出席で、昨日(水曜日)の初級でやった「歩の使い方」の問題を考えてもらいました。
…が、そこは中級。「ものすごいスピードで20問やるよ!」とどんどん出していきました。途中から疲れてぼんやりしている子もいましたが、最後まで元気いっぱいに答えを言ってくれました。将棋大会に出ると、休憩する時間もなく次の対局に呼ばれることがあります。「将棋体力」をつけていきましょう。

012

いつもと室内のレイアウトが異なることに気づきましたか?

011

会場の佛照寺さんからお菓子をいただきました! 先生もいい子にしていたのでもらえました!

【昇級者】
C・Tくん 32級→31級

初級のCくんが昇級しました。実戦では動かし方を間違えることはほとんどなく、相手の駒の動きもきちんと把握していました。何よりも1手ごとに相手の玉将を取れないかと狙う姿勢がとても良いです。

2014年10月 8日 (水)

ポポ開講しました!(水曜初級・中級)

次回の水曜開講日は22日ですので、お間違えないようにお越しください。

今日から初級にIくんが入会してくれました。隣の市から来てくれています。

005

初級はそのIくんを含めて7人の受講でしたが、うち5人が中級の子でした。

007

講座内容は「歩の使い方」。最後に出したこの問題は知識が多い中級の子こそ引っ掛かってしまっていました。

013

中級は初級との連続受講の3人を含む5人の受講で、端攻めのいろいろな筋を見てもらいました。
最近、2コマ連続受講をする子が増えてきましたが、途中で疲れてしまうらしく、2コマ目の講座でぼやーっとしている子が多いです。当てられたことにもすぐ気づかない子もいるくらいなので、今一度ご家庭で相談してみてください。

お迎えに来たお母さんから「いまちょうど皆既月食が~」と教えてもらいました。時間を全く知らなかったので大急ぎで帰ったら月が再び見え始めるところでした。なんとか写真が撮れました!

024

【昇級者】
K・Sくん 22級→21級
K・Mさん 30級→29級

Sくんは高学年なので初めから中級クラスに参加していますが、いよいよ名実ともに中級になる日が近づいてきました。実力は十分なので、あとはできるだけ出席してください。
Mさんは初昇級ですね。でも昇級シールを渡すのを忘れたので次回お渡しします。

また、新入会のS・Iくんを26級に認定しました。

週刊将棋10/8

週刊将棋10/8 対局レポート 王将戦二次予選 久保九段-豊島七段

2014年10月 6日 (月)

10/11おとな将棋教室ポポ受付

10月11日(土)「おとな将棋教室ポポ」は北浜健介八段が講師です。講座テーマは「続・詰将棋から学ぶ寄せの手筋」です。

前回の北浜八段の講座の模様

大好評だった前回の講座の続編です!

指導対局のみの受講、1回きりの受講もできます。 指導対局は棋力不問です。 非会員の方の募集は、講座が10名程度、指導対局は若干名です。

○申し込み方法
メールsuwablog@gmail.com(諏訪)に「10/11おとな将棋教室ポポ受講希望」と書き、お名前とご連絡先、講座と指導対局のどれを受講するかをお知らせください。棋力がわかる方はお書き添えください。 入会済の方は、指導対局も希望する場合お申し込みをお願いします。体験受講をお済ませの方で入会希望の方は、可能でしたら初回出席日のみお申し込みください。

なお、4月から教室が移転しています。お間違えのないよう、ご注意ください。

高校将棋部での指導

10月6日(月)にいつもの高校将棋部での指導に行ってきました。

今回は出席者が少なく3名。5×5の将棋盤を使って金銀をぶつける練習を行いました。高校生でも上手が金銀3枚になると上手勝ちになることが多いですね。

1年生には、来年新入部員が入ってきたときの教え方も交えながら指導しました。

2014年10月 4日 (土)

ポポ開講しました!(土曜おとな)

173

10月4日(土)のおとなポポゲスト講師は宮本広志四段でした。

最初は定跡講座をお願いするつもりでいましたが、あまりにもタイムリーなため9月23日に行われたばかりのプロ編入試験・宮本四段-今泉健司アマ戦の自戦解説をお願いしました。

(負けた対局ですが、生徒さんのほうも気を遣われそうだし、あとで何度も聞かれるのもめんどくさいだろうなーと思った、スワ先生なりの気遣いなのです…!?)

密集してごちゃごちゃした将棋でしたが、1手ずつの意味を噛み砕いて解説してくださいました。

184

生徒さんどうしの対局は全て熱戦で、全員1局だけでした。

178

台北支部に入っていて、留学中の台湾人のRさんが体験受講でお越しになられました。留学しているだけあって日本語がお上手で、いろいろなお話が伺えました。また来てください。

190

指導対局も行われました。

194

指導対局中はたいてい、こんな風に奥で雑談に花が咲いています。時には対局中の皆さんが笑ってしまうような余計な話も…。「時には」じゃなくてそちらのほうが多いかもしれません。

197

貸し出しを中止して整理中の書籍ですが、だいぶゴールが見えてきた感じです。

198

スペースができたのでまた買ってしまいそうな。

【昇級者】
R・Sさん 14級→13級

また新入会のR・Nさんを13級に認定しました。

S小学校でどうぶつしょうぎ講座

4日(土)の午前は、市内のS小学校の放課後こども教室でどうぶつしょうぎ講座を開いてきました。

この学校は児童数が多く、いつも抽選になるようです。今回は20人の子が受講してくれました。

もうルールを知っている子も多いのですが、それでも初めての子はいるので、毎回ルールからの説明になります。「みんながお友達にどうぶつしょうぎの遊び方を教えるときにどういう順番で教えてあげたらいいか、考えながら聞いてくださいね」と言ってからルール説明をしたら、みんなとても静かに聞いてくれました。

167

そのあとは恒例のどうぶつしょうぎ大会です。勝ったら3点、負けたら1点で優勝の子は44点でした。上位者の他に「女の子賞」(女の子の成績優秀者)、「ひよこ賞」(ひよこシールを一番たくさん集めた子=一番たくさん負けた子)を表彰しました。

この日はいつものC小学校でも放課後こども教室があったのですが、そちらは講座無しで2時間こどもたちにお任せ。といっても有志の保護者の方が見守っていてくださるのですが、「将棋は20人くらい来ているのにめちゃくちゃ静かやった」とおっしゃっていたそうです。みんな、自分たちで考えて時間を過ごせるようになってきましたね。

2014年10月 3日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

10/3(金)から金曜のポポ担当をクモイ先生にお願いしました!

こどもたちには「プロ棋士と同じくらいの実力の先生だよ」と言っています。さすがにちょっと誇張が入っていますが、こどもたちの現在の棋力から見るとプロ棋士もクモイ先生も変わらないです。クモイ先生の技術をたくさん盗んでください。

こども中級、上級ともに3人の受講でした。

141

中級は8枚落ちの講座。ポポではあまり教えていない端攻めの定跡講座でした。定跡を知っている子はもっといい手があるのに形通りの手を答えることが多かったです。形を知っているのはいいことですが、それに捉われすぎないようにしたいですね。

142

対局はスワ先生も入りました。

153

上級は歩の使い方の講座です。継ぎ歩、垂れ歩、いろいろな手筋の複合技を考えました。

155

クモイ先生のクラスでもハンドブックは続けます。

158

上級ではクモイ先生が対局に加わりました。

162

そして、4月以来の金曜おとなポポ開講です。体験、新入会を含む4人の受講でした。体験の方は9月にご連絡をいただいていましたが、クモイ先生デビューまでお待ちいただいていました。

165

上級と同じ歩の使い方講座のあと、クモイ先生の二面指しなどで対局しました。

【昇級者】
○おとな
M・Yさん 13級→12級

○こども なし

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

イベント情報(リンク集)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31