« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

将棋サークルでの指導(2/28)

2月最終日、28日(土)は市内の将棋サークルでの指導でした。今年初めて伺いました。

いつの間にか、ポポの子がひとり来るようになっていました。世話役の方に「最近来るようになった子やからよろしく頼むわ」と言われ、「いや、うちの教室に前から来てますから~!」という会話をしました。(^-^;

Pict0010

今日はトイカメラでの撮影です。

Pict0012

今回はヒントを出しつつ、局面を戻しつつで進めたので、勝利を挙げた方が多くいらっしゃいました!

2015年2月27日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

27日(金)はスワ先生も出席して対局に参加しました。レポートはいつも通りクモイ先生です。

---------------

こども中級は3人が受講。駒落ちでの棒銀による攻めを見ました。
6枚落ちにおいては右銀を2五まで進出させ、端攻めをすれば1三の地点に成り駒を作ることができます。最初に飛車で2筋の歩を交換しておくと、さらに厳しい攻めになります。
また4枚落ちでの棒銀も簡単に解説しました。こちらは定跡にもなっている順で、駒落ちの講義の際に詳しく見ていきたいと思います。

Img_1079

こども上級は7人が受講。矢倉戦における棒銀の攻防を見ました。
今回の棒銀の話は先手が3筋を突く形。対して△6四角が先手の飛車を狙ういい対策です。
ただそれまでに△4二角としていると、この△6四角が1手損の手になるので、できるだけ△4二角とする前に1手で△6四角とできるようにしましょう。

Img_5080

おとなはHさん1人が受講。先手四間飛車対後手棒銀の定跡講座を行いました。

Photo
棒銀対策はいろいろありますが、1図から(1)▲5九角△7二飛▲4八角が古くからある対策。目標になっている角を移動させ、後手の攻めを逆用する作戦です。
また(2)▲6八金と寄る順が比較的新しい対策。こちらは飛角のさばきを狙った作戦で、特に飛車交換を目標にしています。
この2つを解説したところ、▲6八金とする作戦が気に入られた様子でした。実戦で是非お試しいただければと思います。
その後に行った対局で、Hさんは19級へ昇級。ポポ入会後初昇級を果たされ、「やっぱり昇級するのは気持ちがいいですし、張り合いがあります」と満足そうに話されていました。

Img_0585

2月は棒銀について講義を行いました。3月は詰将棋の試験もありますので、その対策を講義に入れていこうと思います。

【昇級者】
○おとな
Y・Hさん 20級→19級

P1080090

スワ先生より…3月はこどもたちは学年末です! 学校ではクラス替えがあるところもあると思いますし、1日1日を大切に、思い出をたくさん作ってください。ポポでは違う意味での思い出になる?詰将棋テストの季節です!

2015年2月26日 (木)

ポポ開講しました!(木曜初級・中級)

ひな祭りが近いので、昨年に続いて佛照寺さんではひな人形が飾られていました。スワ先生も小学生の頃にはひな人形を飾っていましたが、今の子にはすごく珍しいみたいですね。触ろうとする子が多くてひやひやしました。

目垣教室の子はJR茨木教室の本を借りる機会がこれまでなかったので、数冊持っていって貸し出しを行いました。借りたからには読んでくださいね。また、次回返却をお願いいたします。

今回は初級も中級も、「将棋の本って何が書いてあるの?」ということを知ってもらうために、本に書かれてある問題や定跡を紹介しました。

初級は4人の出席でした。「入門書」ってルールしか書いてなくてこんなに1冊が分厚いのではなく、後ろのほうにはもう将棋が指せる人にもすごく参考になることが書いてある、ということから「歩の使い方」や「棒銀戦法」の話をしました。

P1080071

P1080073

向こう側のTくんが△6九竜▲4八玉に△2七金と縛ったところです。守りの形もしっかりしていて、この局面だけ見れば中級の子の将棋に見えます。このあとも▲3八金△同金▲同玉△2六金とうまく攻めていました。

中級は7人(うち1人おとな)の出席がありました。こちらも書籍から、4枚落ちの講座を紹介。▲1四歩△同歩▲1二歩の、4枚落ちでは頻出の手筋が難しかったようです。

P1080074

P1080077

「中級」クラスですが初級と上級の子の出席が多いこの時間、久々に中級のYくんが出席してくれました。初めての8枚落ち上手に「そんなん無理」と言っていましたが、9九(左下)まで逃げ切って勝つことができました。相手の29級Yくんは、「上からの攻め」を意識しましょう。

【昇級者】
Y・Mくん 23級→22級
H・Tくん 26級→25級

H・Tくんは飛角鬼ごっこの昇級テストに合格しました。ここからは成績で昇級が決まりますので、これからも一生懸命に指してください。

2015年2月25日 (水)

棋聖戦観戦記(2/25~3/2)

2/25~6日間、産経新聞に観戦記が掲載されます。

カードは▲谷川浩司九段-△竹内雄悟四段です。

2015年2月23日 (月)

順位戦観戦記(2/23~2/27)

2/23~5日間、朝日新聞に観戦記が掲載されます。

カードは▲久保利明九段-△阿久津主税八段です。

2015年2月21日 (土)

ポポ開講しました!(土曜おとな)

2月21日(土)のおとなポポは北浜健介八段にお越しいただきました。
昨年4月に関西に引っ越してきた北浜八段、いつも講座が好評で、この1年で3回目の登場です。

P1080048

過去2回が「詰み」だったので今回は「必至」や「寄せ」を教えていただきました。

P1080052

講座の効果か、終盤で鋭い指し手が多かったです!

P1080053

お休みが続いていたおとなポポの会員さんには「連絡がなければ退会」とご案内を差し上げましたが、Tさんが昨年4月以来お越しになってくださいました。その間将棋を指す時間がまったく取れなかったとのことですが、しっかりと指されていました。

今後は半年間お休みが続いた場合は退会になりますので、ご注意ください。

P1080055

指導対局は主にスワがうるさくてお騒がせしました。

P1080058

「終わってる!?」ということで、同日に行われていた「棋王戦」(プロのタイトル戦)のさらっとした解説を突然行ってくださいました。聞き手体験もされています。

P1080057

その間、スワは教室の駒をガシガシ磨いていました。最後はみんなでガシガシ磨きました。きれいな駒になっているので、こどもたちも楽しみにしておいてください。あと磨きたくなったらいつでも言ってください。

【昇級者】なし

C小学校での指導

21日(土)の午前はC小学校での将棋教室でした。こちらは次回の開講日が年に1回の校内の将棋大会なので、ぜひお友達も誘ってお越しください。全員にプレゼントを用意する予定です。

P1080036

ほぼ毎回来てくれている子は少しずつ強くなっているみたいです。回数が少ない分、先生が言ったことが印象深く残るようです。

P1080040

1年生のふぅちゃん、「ひよこぐんだん」vs「ほかのどうぶつ」というルールを考えてくれました。
二歩とか、そんなん関係ないんです。

2015年2月20日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

今週も金曜日はクモイ先生のレポートです!

---------------

こども中級は6人が受講。前回は「棒銀の狙い」について攻め方の講座を行いましたが、今回はその受け方講座。
先月の振り飛車の奇襲戦法のときもそうでしたが、受けの話になると下を向く子が出てきます。 受けを覚えれば力がかなりつくようになります。 ライバルを受けでも倒せるように、受けの力もしっかり身につけましょう。

Img_0559

こども上級は7人が受講。先手の矢倉原始棒銀に対する後手の受け方を講義しました。 上級と言えども棒銀に対しての受けはどうすればいいか難しいようですが、変わった受け方を見せると皆驚いた様子でした。
図がその局面(先後反転の図)。今、2四の地点で角銀を総交換したところです。
ここで△2三歩では▲2八飛で先手十分です。ではどう対抗しましょうか?ヒントは、「先手の飛車を目標にする」で、5手先まで読めれば有段者クラスです。

Photo
↑先後反転の図です。

Img_0560

Img_0561

おとなクラスはおひとりが受講。リクエストがあり、四間飛車対三間飛車の講義を行いました。普段は角道を止める四間飛車を指されているそうで、それだと3筋から攻められ美濃囲いに組めずに悩まれているとのこと。そこで角道オープン型の話をしました。これだといつでも角交換から▲6五角の筋があり、後手が△4四歩と突いてくれる可能性も高くなります。それは満足のいく進行とのことで、「今度実戦で試してみます」とご機嫌なご様子でした。

Img_0562

次回の金曜ポポは27日。棒銀の総まとめの講義を行う予定です。ご参加をお待ちしております。

昇級者 なし

2015年2月19日 (木)

将棋cafe開催しました!(2/19)

2/19(木)に将棋cafeを開催しました!

久々に事前告知でのゲスト棋士をお迎えしました。

P1080010

宮本広志四段!

P1080012

星野良生四段!   

P1080017

ゲスト人気か、20人を超える方にご来場いただきました。約半数が初参加で、三重県からお越しの方もいらっしゃいました。遠方からありがとうございます。

恒例の自己紹介タイムのテーマは「好きな囲い」。宮本先生が「ダイヤモンド美濃」と言ったらなぜか盛り上がりました。

P1080007

初参加の方が多いと、割と将棋を指す人が増えます。

P1080018

リレー将棋とか。

P1080021

ゲスト棋士にアドバイスをもらったりとか。

あとはワードバスケットや、B'z談義で盛り上がりました。

P1080022

私は参加者の方と、こんなハンディ戦を指しました。結構きつかったです。

お越しいただいた皆様、ありがとうございました!

諸事情によりスワが主催する将棋cafeはこれが年内(年度内ではなく)最後の予定です。

会場手配のお手伝いはしますので、開催してみたいという方はお知らせください。

2015年2月18日 (水)

ポポ開講しました!(水曜どうぶつ・初級・中級)

2月2回目の水曜ポポは、普段より1週早く開講しました。

P1070986

どうぶつしょうぎクラスは2名の受講。将棋へのステップアップとして「おおきな森のどうぶつしょうぎ」を使ってライオン(玉)の寄せ方を考えました。

P1070987

途中で将棋初級のYちゃんが来てくれたので、一緒に対局しました。

P1070988

初級の前に早く来てくれた子たちが「おおきな森のどうぶつしょうぎ」で遊んでいました。

P1070991

その初級は8人の受講。当初の予定を変えて「歩の使い方」の講座をしました。
「今日の新聞に将棋のプロ棋士の丸田祐三九段のことが書いてあります」と紹介しました(訃報記事ですが…)。
丸田九段は、歩の使い方が上手なことから「小太刀の名手」と呼ばれていました。

P1070992

「歩の使い方を知ると対局で二歩が増えるから気をつけてね~」と言ったら、二歩は少なかったです。

P1080001

中級も8人の受講がありました。中級の子は知っている形だとパッと指してしまう癖があるので(それも必要な力ですが)知らない形でいろいろ考えてほしいと思い、安南将棋をしました。詳細は省略しますが、変則ルールの将棋です。「普通の将棋がいい~」と言っていましたが、すぐに対応できる子と、混乱する子といました。

P1080002

【昇級者】
Y・Sくん 2級→1級
A・Fくん 28級→27級
T・Kくん 33級→32級
また、先日入会したN・Yくんを30級に、N・Fくんを33級に認定しました。

ポポで級が1番上のY・Sくんは2ヶ月ぶりの昇級でついに1級に上がりました。昇級テストのスワ先生との角落ちは寄せにもたつきましたが、完勝に近い内容でした。初段になるには昇級規定が厳しくなり、手合の中で先生との対局が増えるので、より一層の努力をしてください。

2015年2月17日 (火)

2/21おとな将棋教室ポポ受付

2月21日(土)「おとな将棋教室ポポ」は北浜健介八段が講師です。講座テーマは「終盤戦で役立つやさしい必至」です。

指導対局のみの受講、1回きりの受講もできます。
指導対局は棋力不問です。
非会員の方の募集は、講座が10名程度、指導対局は若干名です。

○申し込み方法
メールsuwablog@gmail.com(諏訪)に「2/21おとな将棋教室ポポ受講希望」と書き、お名前とご連絡先、講座と指導対局のどれを受講するかをお知らせください。棋力がわかる方はお書き添えください。 入会済の方は、指導対局も希望する場合お申し込みをお願いします。体験受講をお済ませの方で入会希望の方は、可能でしたら初回出席日のみお申し込みください。

2015年2月15日 (日)

摂津市・味生公民館

味生公民館の将棋サークル「飛車と角」での指導は、3月から別の先生に引き継ぐことになり、今回が最後の担当でした。

最後だからか?出席率が高く、用意したプリントが足りないという誤算。失礼いたしました。

なお今回の写真はファインダーもモニターもないトイカメラでの撮影なので、パソコンにつなげるまでどんな写真が撮れるかわかりませんでした。(^-^;

Pict0031

(教室全体を撮ったつもり)

捨て駒のある3手詰のプリントをやってもらいました。

Pict0032

(盤に並べながら詰将棋を解く子を撮ったつもり)

1年前は動かし方があやふや。年末の時点で1手詰を盤に並べてもわからなかった子が、なんと今日、捨て駒のある3手詰を並べずに解きました! 急成長ですね。

Pict0036

(対局する子を撮ったつもり)

このサークル、実は初めて伺ったときには開始の時間になっているのにひとり高校生が畳で寝転がっているだけですごく驚いたのですが、最後はみんな時間よりも早く集まってくれるようになりました。時間を守る、というのは将棋に関係なく、おとなになっても大切なことなので、新しい先生に替わっても続けてほしいなと思います。

1年間ありがとうございました。

2015年2月14日 (土)

ポポ開講しました!(土曜中級・初級)

土曜日のこどもポポです。

2月・3月は土曜のみ、初級クラスへの中級・上級の子(20級以上)の参加はご遠慮いただくことにしました。土曜初級の受講者が増え定員間近になっていること、特に横で見てあげる必要がある未就学児の会員が増えていることが理由です。
14時半からの中級クラスは定員まで余裕がありますので、14時半から受講してください。

P1070972

さて中級は8人の受講者がいました。内容は、四間飛車vs居飛車急戦。

実はこれ、スワ先生が11日「関西アマ女流名人戦」で指した将棋です。(後手がスワ先生)
・定跡を忘れてしまって攻めへの対応を間違えて不利になった→正しい定跡手順は?
・先手の人が逃した、有利になる手順は?
・スワ先生の逆転を呼んだ攻めとは?
・スワ先生が指さないといけなかった決め手とは?

…など、次の一手形式で考えてもらいました。指さないといけなかった決め手があったということは、スワ先生が逆転で負けた将棋なんですけどね。

スワ先生、普段は四間飛車を指さないので(なぜ指したのかは皆さんにお話しました)、たまたま教材になる将棋を指していてよかったです。いつも負けた将棋ばかり紹介しているけど、たまには勝った将棋も紹介したいですね。次こそは!

P1070973

詰将棋は途中で休憩している人が多かったなぁ~。

P1070975

16級に上がったAちゃん、最近上級の子も見習ってほしいくらい手つきがかっこよくなりました。

P1070976

今回は受講者の対局からいくつか紹介。

P1070977

Aちゃん(▲下手)とラグビー少年Tくん(△上手)の飛香落ち戦。
図から▲2五銀△9一香▲2四歩まではよかったのですが、△9六歩▲同歩△同銀▲9七歩△同銀成▲同桂△同角成と一気に破られてしまいました。

Aちゃんの指した手のように、相手の攻めを全て守ることを「面倒を見る」と言います。
面倒を見て相手の攻めを完全に切らす(守り切ってしまう)ことができればいいのですが、なかなかうまくいきません。せっかく▲2四歩まで攻めの形ができているのですから、「自分の玉が詰まされる1手前に相手の玉を詰ませたらいい」と「攻め合い」という考えも持ってみましょう。
上の手順では▲9七歩や▲9七同桂のところで▲7九玉と逃げておけば、上手の角が成るまで時間がかかりました。その間に▲2三歩成△同金▲2四歩と攻め込むことができました。

P1070978

こちらはMくん(△上手)とSくん(▲下手)の飛香落ち戦。Sくんは級は初級ですが、学年が近い子が多い中級クラスに来てくれています。

「攻めは飛角銀桂」と言いますが、Sくんの飛角銀桂はどこにいるでしょうか。飛は3八、角は6八、銀は1五、桂は9七。4枚の攻め駒が狙っているマス目がバラバラですね。同じマス目を狙うようにしてみましょう。

P1070979

こちらはTくん(△上手)とSくん(▲下手)の香落ち戦。Sくん、相手が矢倉囲いに早く組んできたのを見て、予定を変更して(既に▲2六歩と突いていた)▲6八飛と振り飛車にしました。策士ですね。
Tくんはびっくりして、居玉で△2二角型のまま棒銀に出てしまいました。結果、図のように6筋ががら空きですし、棒銀が全く働いていません。
知らないことをされても、「飛と反対側に玉を囲ってから攻める」というセオリーはそのまま変わりません。Tくんは上級が近いですが、級が上がってきたからこそ基本通りに指すようにしましょう。

P1070980

初級は中級以上の子にご遠慮いただいたものの、初級の子のお休みが多く、5人の出席でした。なんと新入会員が3人です。
前日に無料レッスンで駒の動かし方を習ったばかりの子もいましたので、動きを確認しながら、ゆっくりと「金と銀の使い方」の講座を行いました。飛角桂を使った両取りを狙える子は増えてきましたが、金や銀でも両取りはかけられるんですね。

次回の土曜こどもポポは3月14日、昇級筆記テスト1回目です。特に初級の子は30分間テストを受けるだけでも大変だと思いますので、おうちでテストをするということを説明お願いいたします。

昇級者はなく、新入会のうちM・Hくんを30級に、M・Kくんを33級に認定しました。

S小学校でどうぶつしょうぎ

2月14日(土)の午前に、市内のS小学校にお邪魔しました。どうぶつしょうぎの教室です。

今回は全員が既にルールを知っていて、過去のどうぶつしょうぎ教室に参加したことがある子が大半だったので、詰みの講座を行いました。

どうぶつしょうぎだとこれ以上の難しい講座はなかなかできないので、物足りない子は「ごろごろどうぶつしょうぎ」や将棋にもチャレンジしてほしいですね。

P1070967

今回は年度内最後だったので、トーナメント戦の大会と、いつもの「勝ったら3点、負けたら1点」のシール集めの大会を並行して行いました。トーナメントで負けるとシール集めに回ります。

P1070969

今回は抽選で選ばれた24人が参加していました。
ほぼ1年生の左半分と、他の学年の右半分でスタートです!

(1年生の対局数が少ないのは、なかなかうまく攻められなくて終局まで時間がかかるから、という理由です)

P1070968

決勝戦はこちら!

4年生の女の子が優勝しました。この女の子は参加するたびに上位には入るのですが、あと一歩で優勝を逃し続けていて、毎回悔しがる姿が印象に残っている子でした。

今回は念願の初優勝で、「ありがとうございました」とあいさつしたあと、ちょボラさん(児童の誘導など「ちょ」っとしたお手伝いで来てくださる「ボラ」ンティアの親御さん)で来ていたお母さんに「やったー!」と飛びついていました。おうさまライオンバッジ、大切にしてくださいね。

2015年2月13日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

2月13日(金)のポポは、中級・上級のお隣で無料レッスンも行いました。
前回体験受講しにきたときは駒の動かし方を全く知らなかったですが、お友達に教えてもらったようで、この日はもうレッスンの必要がないくらいに上手に動かせていました。
ただ名前があやふやだったようです。ポポで講座を受けると「竜を動かしてみて~」と先生が言うこともありますので、駒の名前はしっかりと言えるようにしておいてくださいね。

以下はクモイ先生のレポートです。

-------------------

こども中級は6人が参加。

先日の茨木市長杯では棒銀を指す子がほとんどでした。
そこで今月は棒銀での攻め方と受け方をテーマにしました。

棒銀とは何か。仕掛ける場所はどこか。成功の形、失敗の形など見ていこうと思います。今回は盤面右半分を使った棒銀の攻めを解説しました。

Img_0550

対局ではY君が20級の昇級試験に合格し、直後に19級へと2段階アップを果たしました。この勢いでどこまで突き進めるか、注目です。

こども上級も6人が参加。

同じく棒銀の攻めと受けですが、こちらは矢倉に組み合っての棒銀の攻めを見ていきました。
棒銀と言っても端を攻める棒銀、2筋を攻める棒銀、3筋を攻める棒銀と攻める場所によって狙いが違ってきます。
今回は端を攻める棒銀について講義を行い、その破壊力のすごさを解説しました。

Img_0553

おとなは3人が参加。3人とも級位認定ができていませんでしたが、横並びの20級とさせていただきました。また次回からこどもポポと同様にハンドブックタイムも行う予定です。実戦で勝てるように、役立てていきましょう。

Img_0555

当日は2月最初の金曜ポポでした。日中は大雪でしたが大勢の方に来ていただき、とても嬉しかったです。

次回はまた棒銀の話をしますので、復習しておいてくださいね。

【昇級者】
○こども J・Yくん 21級→19級

また金曜おとなポポを受講しているY・Hさん、K・Uさん、S・Uくんを20級に認定しました。

2015年2月11日 (水)

第17回茨木市長杯少年少女将棋大会 レポート(2/11)

こんにちは。ポポ講師のクモイです。

2月11日に上中条青少年センターで行われた「第17回茨木市長杯少年少女将棋大会」に、引率者として行ってきました。
半数ぐらいの子と初対面で、まずはその子達の名前と顔を覚えることから始めました。

当日は参加者が75人。ポポからは29人が参戦し、大会に臨みました。

大会は予選5局を戦い、3勝以上が決勝トーナメントに進出となります。
始まる前は緊張している子、興奮して駆けずり回っている子などが見られ、性格が出るもんだなと思いながら見ていました。

クモイ先生は大会が始まる前に、「予選の5局が終わったら、結果を報告に来ること」を言って回りました。
それが何人くらいできるかも楽しみにしていました。結果、10人くらいが言いに来てくれましたが、他の子は大会に夢中でそれどころじゃなかった感じです。ポポでの講義でもそうですが、先生のお話はきっちり聞くようにしましょう。

38人が予選3勝以上で決勝トーナメントに進出。ポポからは14人が予選を通過しました。2勝2敗から最終局での敗退者が多く、それが少し残念でした。ただ、去年の大会では1勝しかできなかった子が2勝しているケースもあって、嬉しそうな顔をしている子もいました。来年は3勝して予選通過できるよう頑張ろうね。

残念ながら予選で敗退した子は、午後からは宮本四段による大盤講座。数えてみると20人くらいの子が講座を聞いていて、熱心だなと嬉しくなりました。その後行われた指導対局でも、4人の先生による3面指しに待ち席が必要など、たくさんの子が指導対局を受けていました。中には宮本四段に8枚落ちで勝った子もいて、とても頼もしかったです。

Img_0493

(村田先生=左奥=、宮本先生の指導対局)

決勝トーナメントは38人のうち12人の子が、勝てばようやく1回戦に進出できるというクジになりました。ただ、「その分1回多くやれるわけだし」と前向きな発言をする子がいたことが、とても印象に残りました。

その12人の中にポポからは5人が入っていましたが、なんと全員が勝利。1回戦32人中14人がポポとなりました。勝った子の1人が、「これでちょうど3分の1がポポだね」って言っていましたが、それはちょっと計算を間違えているのでは(笑)。

1回戦ではなんとS兄妹が対決。他にもS・T君とT・N君、R・S君とH・S君と、3局がポポ対決となりました。ここで優勝候補だったお兄ちゃんのY君が妹Mさんに討ち取られ敗退。油断したわけではないと思いますが、勝ち負けに「絶対」はないことが出た好例だったと思います。結局ポポからは6人が2回戦に進出。この時点でベスト16となりました。

2回戦ではポポ対決はなし。うまくばらけましたが、結果は2勝4敗。ここで残念だったのが兄を1回戦で倒したMさん。最後相手玉に5手詰がありましたが、受けに回ってチャンスを逃し敗れました。でも大会を通じ、姿勢、着手が最もきれいで、その点で雲井先生からもう1勝あげたい感じです。またハンドブックをしっかりやって、来年の大会で頑張ろうね。

ベスト8で残り2人となったポポ勢は、S・T君が向かい飛車を棒銀で撃破し準決勝進出。相手の子は序盤がしっかりしており、厳しい戦いになったかなと思っていたのですが、よく勝ち切ったと思います。またT・I君も勝って、準決勝でポポ対決となりました。

準決勝は席が遠くなり、対局内容は見られませんでしたが、T君が勝ち決勝進出を決めました。I君は昨年に続き準決勝で敗退。さすがに残念そうで落ち込んでいましたが、お母さんから、「もう1局あるんだから、気持ちを入れ替えて」と言われると、「じゃー、ジュース飲んで頑張るわ」と言ってジュースを飲むと、表情に元気さが戻りました。

3位決定戦に臨んだI君は、相手の駒を全部取ってしまうくらいの勢いで指し進め快勝。昨年に続き3位入賞を果たしました。本人は結果にはやや不満そうでしたが、最後気持ちを切らさず頑張ったことは、とても評価できると思います。よく頑張りました。

決勝戦は宮本四段と村田女流二段の大盤解説が行われました。T君は相矢倉から▲2六銀と棒銀の攻めに向かいましたが、△6四角の飛車取りに対し▲2七飛と浮いたのがよくなく、△1九角成と香を取られ駒損してしまいました。ここは飛車も香も取られないようにしなければならないところで、ここから差が広がってしまいました。最後は相手の利きのある箇所へ角を打ち込む勝負手を放って迫りましたが、一歩及ばず敗戦。それでもポポでは現在10級で、この準優勝は大いに胸を張っていい結果だと思います。

こうして本大会の全日程が終了。表彰式が行われ閉会となりました。

Img_0539

(入賞者と運営の皆さんの記念撮影)

総評としては将棋の内容では、棒銀を指す子が多く、今後は棒銀のいろいろな攻め方を覚えること、棒銀対策に力を入れること、また棒銀以外の戦法も覚えることが大事になってくるかと感じました。

あとマナー面では、対局開始の挨拶をしない、または声の小さい子が多かったです。
元気よく「お願いします」とあいさつするようにしましょう。
「待った」に近いものや、「駒台の駒を手に持ったまま」など、マナーのよくない子も見かけました。やってたなーと思う子は、今後そういったことにも気をつけながら対局してください。
ただ二歩を打っている子がほとんどいなかったことは、評価できると思います。

今大会で入賞を果たした2人に大きな拍手を送りたいと思います。よく頑張りました。

他の子たちは、自分の目標がどれだけ達成できたかが大事です。今回の大会結果をふまえ、今後もっと力がつくよう将棋に取り組み、また来年新たな目標を持って大会に出場してもらえればと思います。

茨木市長杯でたくさん将棋を指し勉強した皆さん、引率のご家族の皆さん、1日お疲れ様でした。

【茨木市長杯結果による昇級者】
K・Mくん 14級→13級
T・Nくん 14級→13級
S・Yくん 15級→14級
S・Kくん 16級→15級
M・Kくん 18級→17級
H・Mくん 18級→17級
A・Fくん 30級→28級(ベスト16進出の大健闘のため、2つ昇級)
T・Yくん 30級→29級
K・Iくん 32級→31級

【新規認定】
I・Kくん 20級
D・Oくん 25級

【次回出席時に昇級テスト】
H・Sくん 11級→10級テスト
J・Yくん 21級→20級テスト

【その他】
S・Tくん(準優勝、10級)→対局カードに2勝分付与

第17回茨木市長杯少年少女将棋大会(2/11)

今年もこの大会が開催されました!

ポポから29人出場したのですが、大会全体の参加者は約60人だったそうです。
ポポ対決も多かったようで、教室以外の出場者がもっと増えるといいですね。皆さん、来年はお友達もお誘いください。

14人が予選通過して、2位と3位にポポ会員が入ったそうです。

出場の皆さん、引率の皆さん、お疲れ様でした。

この大会結果による昇級者と、クモイ先生の撮影の写真は後日掲載します。

なおスワ先生が同日に出場した「第31回関西アマ女流名人戦」は今年も入賞ならず、ベスト8でした。

2015年2月 7日 (土)

ポポ開講しました!(土曜おとな)

2/7(土)は浦野真彦八段にお越しいただきました。スワは不在でしたが、体験受講の方もいらっしゃったようです。よろしければまたお越しください。

20150207_140802

20150207_150129

送られてきた写真にあったのですが…差し入れでしょうか?

20150207_152729

20150207_152835

20150207_171303

指導対局、後で浦野八段から「○○さん強くなっていましたよ!」と教えていただきました。

【昇級者】なし

2015年2月 6日 (金)

王位戦観戦記(2/6~13)

2/6~の8日間、新聞三社連合加盟の各紙(北海道・東京・中日・神戸・徳島・西日本)に観戦記が掲載されます。(2/9は休刊日)

カードは▲伊奈祐介六段-△豊島将之七段です。

2015年2月 5日 (木)

ポポ開講しました!(木曜初級・中級)

木曜ポポは雪が心配されましたが、大丈夫でした!

013

初級はお休みが多く、ふたりの受講でした。このふたりは茨木市長杯に出場しないので、大会の心構えプリントは大事なところだけやり、あとは「両取りの掛け方」のおさらいをしました。
半年くらい前にやった「田楽刺し」を覚えていなかったのは残念でしたが、忘れていたらまた覚えたらいいんです。それが将棋教室のいいところ。

015

角と桂馬の両取りと香車の田楽刺しだけ教えて、「金や銀でも両取りはできるよ」とお話をしただけですが、Hくんが金で飛角の両取りをかけてくれました!

017

中級は6人の受講。といっても中級さんは皆さんお休みで、上級の子と初級の子(+おとな)の受講でした。
上級のふたりは10枚落ち、9枚落ちを指してくれてありがとう。

こちらも講座の内容は「将棋大会の心構え」でした。中級は出場する子が多いので、一生懸命聞いてくれました。

020

目垣教室唯一のおとな、Cさんにはこどもたちとアプローチを変えて、囲い方から覚えていただくことにしました。美濃囲い練習中です。
今日は相手の形を見ずに美濃囲いを組む練習ができたので、次回からは相手の指し手を見ながら組んでいくことをやっていこうと思います。

022

昇級した人たちが「昇級シール」を選んでいるところです!

【昇級者】
Y・Hくん 26級→25級
H・Tくん 27級→26級
Y・Yくん 29級→28級
C・Yさん 30級→29級
T・Mくん 32級→31級

C・YさんとT・Mくんは入会後初昇級です。おめでとうございます。

2015年2月 4日 (水)

ポポ開講しました!(水曜初級・中級)

来週はいよいよ茨木市長杯です!

あとから個人で申し込みした子や、申し込みをしてからポポに入会した子がいて、ポポからは29人出場することになりそうです。
定員が120人の大会なので、およそ4分の1。これだけ人数が多いと、みんながお行儀よくできたらかっこいいですね。まずは一生懸命指してほしいです。

001

初級は8人が受講しました。Aくんの弟で、年中さんのNくんも体験受講でした。今日はプリントだったので字を書くのが大変だったみたいですが、お兄ちゃんが代わりに書いてくれました。どうもありがとう。

004

プリントは「将棋大会の心構え」がテーマ。

いつもやっているお行儀の話や、どんな気持ちで将棋を指したらいいのかというお話をしました。

「喜怒哀楽」は「4つの気持ちのうち、将棋を指している最中にやっていいのはひとつだけだよ」というお話をしたときに書いたものです。

みんなが引っ掛かったのは「相手の子が待ったをしたら「_______」と言う」を埋める問題でした。

とある中級の子の答え…「はんそく」。

もちろん「待った」は反則なのですが、茨木市長杯のように将棋を習っていない子がたくさん出場する大会では「待ったをしてはいけない」と知らない子がいます。
(これは、おうちでお父さんやおじいちゃんと対局する時に、おとなの人が優しさから「それは悪い手だからやり直そう」と待ったをさせてあげているうち、癖になっている場合があります)

そのときに「反則!」と大きな声で言ってしまうと、相手の子が大変傷ついてしまいます。(ポイントは「相手の子はやってはいけないと知らなかった」ことです)
まず優しく「一度動かしたあとに元に戻すのは反則負けになっちゃうから、次からはやめてね」と言ってあげましょう。それでも繰り返された場合は手をあげて係の人を呼んで何が起こったか説明してください。

茨木市長杯では終局したあとの結果報告も手を挙げて係の人が来るのを待つので、とにかく何かあったら手を挙げて係の人を呼びましょう。
相手の子を悪者と決めつけてしまうのは一番よくないことです。
せっかく一緒に将棋大会に出てくれたお友達なのだから、優しく教えてあげてくださいね。

保護者の方々は、お子さんの対局で問題が発生した場合でも静かに見守ってあげてください。親御さんや教室の先生は、お子さんの味方をしてしまうのが当然ですので、公平でなくなります。また、親御さんが間に入ってしまうと、対戦相手のお子さんに威圧感を与えてしまいます。
対局中は当事者と審判で問題を解決するのが原則です。対局が終わったあとにお子さんの話を聞いてあげてください。どうぞご協力をお願いいたします。

003

年中さんのNくん、1手詰ハンドブックに書いてある駒の漢字を読めてすごく驚きました。
そして駒を並べながら1手詰ハンドブックに取り組む子は10分で4~5問の子が多いのですが、Nくんは8番まで解けました。

005

対局はひとりごとを言う子が多いのが気になりました。

中級は7人受講。おふたりの新入会がありました。新入会のKくんはMくんと同じ塾だそうで、会ってびっくり、ふたりしてにやにやしていました。
講座は初級と同じプリントをやりました。連続受講の子は詰将棋のプリントを解きながら、初級ではお話できなかった話のときは聞いてもらいました。

009

大盤を使わずにプリントとホワイトボードだけの「授業」だったのでよそ見をする子が初級、中級ともとても多かったです。
将棋をしに来てるのだから仕方がないかなぁと思う反面、将棋を指すときに大切にしてほしいお話だったので、心配になりました。

010

土曜日に11級に上がったHくんが、日曜日の小学生名人戦大阪府大会でポポ規定の成績を収めたため、早速10級昇級試験に挑戦しました。

序盤で先生の駒組みをとがめる手があったのですが、Hくんは矢倉囲いを作ることに一生懸命で、その間に先生も十分な態勢を作ることができました。10級からはポポでは上級になります。上級でやっていくには、自分の陣形と相手の陣形を見比べることも大事になります。自分のことばかり考えていると、チャンスを逃してしまいますよ。

【昇級者】
Y・Tくん 17級→16級

こちらは昇級テストに合格しての昇級です。Yくんは入会時から17級だったので、今回が初昇級です。おめでとう!

2015年2月 3日 (火)

将棋世界(3月号)

『将棋世界』3月号 詰将棋サロン年間優秀作選考会

司会・進行を務めました。

2015年2月 2日 (月)

2/7おとな将棋教室ポポ受付

2月7日(土)「おとな将棋教室ポポ」は浦野真彦八段が講師です。講座テーマは「今すぐ役立つ囲いのノウハウ」です。

指導対局のみの受講、1回きりの受講もできます。
指導対局は棋力不問です。
非会員の方の募集は、講座が10名程度、指導対局は若干名です。

当日、諏訪は不在のため対応はスタッフが行います。受講希望の方は事前にお申し込みください。

○申し込み方法
メールsuwablog@gmail.com(諏訪)に「2/7おとな将棋教室ポポ受講希望」と書き、お名前とご連絡先、講座と指導対局のどれを受講するかをお知らせください。棋力がわかる方はお書き添えください。 入会済の方は、指導対局も希望する場合お申し込みをお願いします。体験受講をお済ませの方で入会希望の方は、可能でしたら初回出席日のみお申し込みください。

将棋cafe開催します!(2/19)

将棋cafeはのんびり食事をしたりおしゃべりをしたりしながら、たまに将棋を指す(むしろほとんど指さない)、ゆるーい将棋イベントです。

どんなイベントかわからない方は、右メニューの「活動報告」から過去の将棋cafeの模様をご覧ください。
心地よい空間を参加者同士で作っていきましょう。

1年ぶりのestrelaでの開催です!

日時 2015年2月19日(木) 19時~22時

場所 estrela(大阪市北区浪花町4-14)
 地下鉄天神橋筋六丁目駅13番出口から徒歩3分
 地下鉄中崎町駅1番出口から徒歩5分、JR天満駅から徒歩5分

◎2名のゲスト棋士をお招きします!

Hoshino 星野良生四段

Miyamoto 宮本広志四段

指導対局は行いませんが、皆様の対局の感想戦に参加したり、ワンポイントアドバイスが受けられたりします。

参加費
おひとり2000円(1ドリンク付)
・ただし将棋盤駒を持参いただいた方は500円引
・「おとな将棋教室ポポ」「こども将棋教室ポポ」の回数券1枚使用でもご参加いただけます。 (「こども回数券」は中学生以下のみ使用可。なお盤駒持参割引はありません)
※2ドリンク目以降の飲み物、お食事は別途ご注文いただき、その都度精算していただく「キャッシュオン」形式です。
※どうぶつしょうぎなど変わり種将棋でもOK。また立派なものである必要はありません。
※当日、持参された将棋盤駒を置いて帰る方がおられます。ご注意ください。

定員 男女各15人

申し込み方法 メールsuwablog+20150219@gmail.comまで、「お名前」「性別」「ご連絡先電話番号」「来場予定時刻」をお書き添えください。また件名に「将棋cafe(2/19)」と入れてください。

2015年2月 1日 (日)

摂津市・味生公民館

南摂津の味生公民館での指導は3月から別の先生に引き継ぐことになり、私の担当は今日と15日のあと2回になりました。

033

初めて来た頃ずっと歩き回っていたちびっこチームは、じーっと座ってプリントが解けるようになりました。

034

後任のK先生も一緒に来ていただき、生徒さんと対局してもらいました。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

イベント情報(リンク集)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31