« 順位戦観戦記(4/17~20) | トップページ | ポポ開講しました!(土曜おとな) »

2015年4月17日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

4月29日掲載と遅くなりましたが、クモイ先生のレポートです。
(スワ先生が載せるのを忘れていました!)

----------

今月はこども中級と大人は原始中飛車を、こども中級ではウソ矢倉に対する右四間飛車が題材です。

Img_0773

今回のブログでは前回の予告通り、こども中級でのウソ矢倉について解説します。

Photo

1図は後手がウソ矢倉から金矢倉に構え、一目散に入城した局面。ただこの局面は先手にとって一番いい条件がそろっています。
というのも、
(1)後手玉が先手の角筋に入っている
(2)後手からのカウンターがない
(3)先手の玉形が堅い
などの理由が挙げられるところで、右四間飛車にとっては願ってもない局面になっています。

ここで▲2五桂が厳しい仕掛け。後手は銀を取られたくないので△2四銀と逃げますが、そこで▲4五歩が継続の一手。対して△同歩は▲2二角成と玉を取られてしまうので反則で指せません。
▲4五歩には後手は△5三銀とするぐらいですが、▲4四歩△同銀と進めたのが2図。

Photo_2

ここで▲4五歩、▲4五銀、▲4四角、▲4四飛の4手段が考えられます。どれも優勢になりますが、あなたならどれを選びますか。
ちなみにクモイ先生は、今は▲4五銀とすると思います。以下△5五銀なら▲4四歩△5三金▲5六歩。△5三角なら▲4四銀△同角▲同飛△同金▲同角が読み筋です。
ただこどもの頃なら▲4四同飛を選んでいたと思います。理由は単に元気が良かった(若々しかった)かどうかの違いで、手の善悪というわけではありません(笑)

Img_0777

ポポのこども達は居飛車党が多いですが、右四間飛車はポポでは指されることがなく、矢倉では棒銀ばかりです。ただ今回見たように、矢倉には右四間飛車の攻めはかなり破壊力があり、受けにくいです。
「みんなもこれを機会に右四間飛車をためして下さい」と講義の最後に言いましたがその後の実戦では……やっぱり棒銀が指されていました(笑)

Img_0781

Img_0783

【昇級者】 なし

« 順位戦観戦記(4/17~20) | トップページ | ポポ開講しました!(土曜おとな) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな):

« 順位戦観戦記(4/17~20) | トップページ | ポポ開講しました!(土曜おとな) »

イベント情報(リンク集)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30