« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

ポポ開講しました!(土曜中級・初級)

10月最終日です!

11月の土曜ポポは1回だけ(来週7日)で、2回目の代わりに29日(日)16:00-18:00に初級・中級合同クラスを開講します。お間違えないようにお願いします。

001

中級は9人の受講でした。焦点の歩の、ふだんより難しめな問題を出しました。
といっても「焦点の歩」と言っている時点で答えはすぐにわかってしまうので、「焦点の歩を打たなければすぐに不利になる局面」を出して、その理由を考えてもらいました。
歩以外の駒の使い方も学べたと思います。

003

初級は体験受講を含めて10人の出席でした。JR茨木教室の将棋では唯一、親御さんの見学があるクラスなので、出席人数以上に混み合っている印象です。

講座は「棒銀の受け方」でした。先に「今日はいつもより難しい話やで!」と言っていたからか、いつも以上に一生懸命聞いてくれました。一生懸命なあまり、叫んでいる子もいました。(^-^;
途中から「言いたいことがある人は手を挙げる!」と言ったら手を挙げてから叫んでくれました。結局叫ぶんかい~!

【昇級者】
M・Sさん 2級→1級
R・Sくん 6級→5級
M・Uくん 25級→24級
M・Hさん 26級→25級
Z・Oくん 26級→25級
Y・Iくん 30級→29級
R・Tくん 32級→31級

将棋会館道場では既に1級のMちゃんがポポでも級が追いつきました。昇級戦はスワ先生との角落ちでしたが、スワ先生の序盤の緩手をとがめた機敏な仕掛けから逃げ切りました。
7級時代にスワ先生との昇級テストを除けば15連勝くらいという快(怪?)記録を打ち立てたR・Sくんが、昇級テストなしの6級はあっという間に駆け抜けました。
注目すべきはR・Tくん。ポポ入会5ヶ月目で初めて1手詰ハンドブックを盤駒無しで解き、初めて反則無しで1日を乗り切り、そして対局では初勝利! 前回ちょっと厳しく言ったのでおうちで練習してくれたでしょうか。とても記念になる1日になりました。

C小学校で将棋教室

この日のC小学校はいつもの和室や教室が使えなかったため、囲碁で使っている小さめの会議室に一緒に入れてもらいました。
大盤が貼れないので、その時点で来ていた7人と「飛角鬼ごっこ」で対局しました。あっという間に勝った子には、スワ先生の代わりに先生役で玉側を持ってもらったり、相手の子が勝てるようにアドバイスをしてもらったりしました。

Pict0009

平手の対局もたくさん行いました。最終的には10人くらい来ました。

Pict0010

ひとり余った子はハンドブックなどから問題を出題しました。必殺技「アタマキン」を初めて知ってテンションが上がる子もいました!

2015年10月30日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

金曜ポポ中級は、四間飛車vs棒銀の講座でした。最後のほうは初段近くないと理解が難しいような難しい変化の解説でした。

002_2

上級は5人受講。なんと4人が中級からの連続受講です。

P1080598

おとなクラスも3人の受講がありました。

P1080599

【昇級者】
○こども
T・Nくん 11級→10級
H・Iくん 17級→16級

○おとな
K・Uさん 19級→18級

こどもはテーブルマーク成績による昇級テストの子がふたりとも合格しました。

2015年10月29日 (木)

ポポ開講しました!(木曜初級・中級)

木曜ポポの初級は、昨日新入会のTくんが加わってくれて、3人参加でした。

ここのクラスは昇級テストを控えている子がいなかったので「両取り」の話をしました。
普段両取りはどちらかをタダで取れるとか、弱い駒と強い駒の交換という話ばかりしてきましたが、今回は同じ価値の駒交換ながら頻出の手筋である「銀の割り打ち」を重点的に解説しました。

002

3人なので先生も含めて総当たりみたいな感じでした。

中級は9人(おとな1人)の受講。こちらはテーブルマークの成績による20級テストと16級テストを控えていた子がいたので、それぞれの昇級テストの説明をしました。

005

普段は昇級テストは1面指し(というのかな?)ですが、人数が多かったので2面指しで行いました。大会による昇級テスト権利ゲットは、そういう意味でもチャンスです…!?

【昇級者】
Y・Hくん 17級→16級
T・Uくん 17級→16級
T・Mくん 21級→20級

昇級テスト組が全員合格でした!

2015年10月28日 (水)

ポポ開講しました!(水曜どうぶつ・初級・中級)

水曜日のどうぶつしょうぎクラスは体験受講の子がおふたり来てくれました。先月からごろごろどうぶつしょうぎに取り組んでいましたが内容を変更し、どうぶつしょうぎのルール解説を行いました。

210

将棋の初級と連続で受講する子たちはごろごろどうぶつしょうぎでの自主練習をしてもらいました。

将棋のクラスはお休みが多く、6人の受講でした。
先日のテーブルマークで昇級した子、昇級テストを受けることになった子がたくさんいますので、今回は25級や20級の昇級テストの内容と、先生が何をチェックしているかというお話をしました。

211

中級は新入会員1人含む8人の受講がありました。こちらは16級の昇級テストの説明をしました。ポポの昇級テストは基本的に駒落ちの対局ですが、16級だけは平手で序盤の指し方を見ています。
言葉では理解が難しいので、過去に不合格になった子がどんな将棋を指したか、実際の局面を見てもらいました。

213

【昇級者】
T・Hくん 11級→10級
T・Kくん 17級→16級
M・Uくん 26級→25級

いずれもテーブルマークで規定の成績を収めて昇級テストを受けることになった子です。
3人とも過去に同じ級の昇級テストを不合格になっていましたが、今回はよく指せました。
T・Hくんは昨年10月以来ちょうど1年ぶりの昇級です。これで3年前のスタート時に会員になってくれた12人のうち、現在もポポに在籍している全員が上級になりました。

2015年10月26日 (月)

高校将棋部で指導

前回の終わりにどういうことを知りたいかと聞いてみたところ「囲いの話をしてほしい」とのことだったので、囲いの話をすることにしました。

その前に「居玉がなぜダメなのか」というプリントを作ったらそれだけで1枚埋まっちゃったので、「居玉の長所と短所」をテーマに大盤の講座を行いました。

長所を生かす戦い方ができるのであれば、居玉でもいいと思います。

テーブルマークこども将棋大会・大阪(10/24)

10月24日(土)に、毎年恒例の「テーブルマークこども将棋大会」の大阪大会が開催されました!

1000人以上が参加する、小学生向け大会です。

ポポでは年に3つある「できるだけ参加してください」という大会の1つですが、今回は会員の6割にあたる33人(たぶん)が参加しました。
大阪大会に参加できなかった子で、代わりに10月上旬に行われた東海大会に参加した子もいたようです。

01102

↑こんな規模なので団体行動は難しい!
ということで例年、各ご家庭ごとの行動をお願いしています。引率お疲れ様でした。

02010

この大会は珍しく切れ負けを採用しているので、開始前に出会った子には奨励会員の皆さんにチェスクロックの使い方を教えてもらうコーナーに行くように指示しました。
流れで対局してもらっていましたが、そのお兄さんはただのお兄さんではなくて、プロ棋士をバッタバッタやっつけて新人王戦の決勝まで進んだ、とっても将棋が強いお兄さんですよ。

03033

ちょっと長~~い開会式が終わって、司会のお兄さんが叩く太鼓の音で対局開始です!

04044

午前のブロック対局(予選)は1局15分で、それを過ぎると突然3分切れ負けになるという、おとなの世界では考えられないくらいの早指しなので、すごいスピードで進んでいきます。

05124

2階席からはみんなの様子が見える…ような気がしましたが、どこに誰がいるのやら。

06167

対局前にみんなが願いごとを書く「ココロのたすきのプロジェクト」。それをつないだレインボーロードを撮っていたら、いつの間にか向こう側に目垣チームが。

会場を3周くらいしましたが、会えない子もたくさん。でも結果報告を聞くとみんな午後までたくさん対局していたようです。

指導対局も何人か当選していました。

ブロック対局は高学年のY・Sくん、H・Sくん、低学年のR・Sくんが3連勝で突破して午後の決勝トーナメント(高学年、低学年ともに約80人)に進出しました。
Yくんはベスト16まで勝ち進んだそうです。

スワ先生はお昼過ぎに会場を出て、加古川市の「加古川青流戦レセプション」に参加しました。

028

テーブルマークの開会式にいた日本将棋連盟会長の谷川先生が…。

341

加古川にもいました!

○テーブルマークこども将棋大会の結果による昇級者は下記です。
(大会結果による昇級を希望しない子は規定を満たしていても除外しています)
※結果報告をもらい次第更新します。

【昇級】
A・Kさん 13級→12級
J・Yくん 13級→12級
R・Tくん 14級→13級
T・Yくん 18級→17級
K・Sさん 19級→18級
K・Mさん 20級→19級
H・Kくん 24級→23級
K・Hさん 28級→27級
A・Kさん 28級→27級
M・Kくん 29級→28級
S・Nくん 29級→28級

【次回出席時に昇級テスト実施】
T・Hくん 11級→10級テスト
T・Nくん 11級→10級テスト
H・Iくん 17級→16級テスト
T・Uくん 17級→16級テスト
T・Mくん 21級→20級テスト
T・Nくん 21級→20級テスト
M・Hさん 26級→25級テスト
M・Uくん 26級→25級テスト

2015年10月25日 (日)

順位戦観戦記(10/25~31)

10/25~の7日間、朝日新聞に観戦記が掲載されます。

カードはA級順位戦▲久保利明九段-△郷田真隆王将です。

2015年10月23日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

金曜ポポはフジワラ先生です。

002

中級は意外とやったことのない「並べ詰め」の講座でした。正確に、早く読み切るのがテーマです。

P1080591

上級は今週から、今まで水曜日に来ていたYくんが加わってくれます。

P1080592

おとなクラスはいつものUさん親子。お父さんが昇級の一番を迎えましたが残念ながら敗れました。

【昇級者】なし

2015年10月19日 (月)

高校将棋部で指導

2学期もS高校将棋部で指導を行うことになりました。

8月に行われた大会の結果で、部員のひとりが近畿高校総合文化祭の将棋部門に出場することが決まりました。近畿高総文は全国と異なりクラス分けがあって、級位者にも府県代表になるチャンスがあります。

代表として出場する大会は、各地の同世代の友達ができる貴重な機会です。将棋の結果にも期待したいですが、交流を深めてきてください。

Pict0008

この日は平手でよく出てくる、喰らいやすい(喰らわせやすい?)筋を解説しました。
ある生徒は、補習で遅刻して話を聞きそびれた部員相手に早速試していました(笑)。

2015年10月17日 (土)

ポポ開講しました!(土曜おとな)

土曜おとなポポは、初めて増田裕司六段にお越しいただきました。

003

「本筋の指し方」と題して、対抗形の将棋の次の一手問題をたくさん出していただきました。途中でため息の出るような受けの好手もありました。

005

生徒さん同士の対局では、どうしてもアドバイスしたい局面を大盤に再現しておくという新手を増田六段は披露。
プロの先生方の指導のしかたは、スワもこっそり参考にしています。

007

指導対局はひとり、こども会員さんが来てくれました。

【昇級者】なし

C小学校の秋祭りに将棋ブース出展

C小学校でPTA主催の秋祭りがあり、将棋ブース出展でお手伝いしました。

例年夏祭りが行われているのですが今年は台風で中止になったため、代わりに行われました。

Pict0001

1つ10円のおもちゃコーナーや、かき氷コーナー(夏祭りの名残?)などいろいろありました。

将棋は無料ブースです。

Pict0004

3面並べられる机を2本用意していただいたので、1本は自由対局、もう1本をスワの3面指しブースにしました。
ほとんどが10枚落ちで、ちょっと強い子は9枚落ち。ポポの子も何人か来たので8枚落ちで指しました。
ルールを知らないけど、という子は数人集まるたびにチームになってもらって、みんなで相談しながら「飛角鬼ごっこ」を指しました。
ポポでの鬼ごっこではスワ先生の玉は上へ上へと逃げますが、今回は初めての子たちなので下へ下へと逃げて、詰んでも逃げて、みんなに「玉を取る」体験をしてもらいました。

スワ先生が写真を撮っているのを見て興味を持った子がいたので、小学校での撮影に使っている「sominin」を貸して撮ってきてもらいました。
somininはファインダー(覗き窓)もモニター(確認用画面)もなく、あとでパソコンに接続するまでどんな写真が撮れているかわからない、とても恐ろしいカメラです。何度も撮っていて、だいたい焦点距離が30㎜くらいだというのと、この角度で持てばこのあたりまで写るというのがわかってきました。

画質がよくないので、かえってこういう個人情報に配慮するブログに掲載するのには都合がいいです。

ぴったりバッチリ撮れていた写真もありますが、掲載できないので、失敗のほうを…。

Pict0007

飛角鬼ごっこを指しているチームメイトを撮ったようです。

Pict0010

3面指しで動き回るスワ先生です。

Pict0012

これは自由対局ブース。たぶんポポ会員のTくんですね。

おかげさまで2時間、自由対局も指導対局も満席が続きました!
指導対局は20局くらい、飛角鬼ごっこのチームの子を含めると40人くらいと指しました。

2015年10月16日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

金曜ポポ、フジワラ先生の2回目です。

002

中級は守り駒を攻める講座でした。

P1080588

上級はJくんが初めて受講しました。難しかったと思いますが、最後までがんばってついてきてくれました。

P1080589

おとなクラスは3人の受講でした。

【昇級者】なし

2015年10月15日 (木)

第10回ポポこども将棋大会 日程決定のお知らせ

ポポ会員以外も参加できる第10回ポポこども将棋大会の日程・場所が決まりましたのでお知らせします。

日時…2015年12月27日(日) 朝から夕方まで

場所…ローズWAM 5階会議室 (茨木神社の東隣。アクセスはこちら)

今回は第10回の記念大会なので、きりん・ぞう・ひよこの全クラスを一斉に行い、午後からは有段者も参加できるイベントを開催する予定です。(まだ全く未定)

詳細は後日発表します。

ぜひ予定を空けておいてください!

2015年10月14日 (水)

ポポ開講しました!(水曜初級・中級)

初級は8人の受講がありました。

今日は5×5の将棋盤で、金銀をぶつける練習です。

まず大盤で「ぶつける」とはどういうことか説明してから、「習うより慣れよ」で実戦練習です。

5x5

こんな感じ。上手と下手を交互に持ってもらいました。
最初は上手が玉1枚で行いましたが、ここは全員下手勝ちでクリア。コツは「ひとりぼっちの駒を作らない」です。
金1枚もだいたいの子がクリアしました。ここでのコツは「駒を取られても取り返せるようにしておく」です。

003

盤は画用紙で作ったお手製のものです。

金2枚からは上手勝ちが増えてきます。
下手が勝てない原因としては(1)自玉が詰めろ(特に頭金の1手詰)と気づいていない、(2)数が足りていないのにぶつけてしまう、(3)盤が狭いので手番を握られてしまう、です。
(3)の感覚をつかむのは難しいですが、(1)と(2)を気をつけていれば、(3)は多少やられても挽回できます。まずは(1)と(2)を攻略しましょう。

ふたりとも金2枚をクリアできたペアは、「金2枚+銀1枚」まで進んでもらいました。ここまで来ると理論上は下手が勝つはずでも、ほとんど平手に近い感覚です。
これは将棋のルールを知っているご家族とできる練習なので、もっと練習したほうがいいなと思う子は家でもやってみてください。

005

その後はいつも通り普通の将棋盤で対局しました。たくさん練習したはずなのに、平手になると金銀を使うことを忘れちゃいますね。

007

中級は10人の受講でした。既に木曜日・土曜日に行った6枚落ち下手の講座です。聞くのが2回目という子がほとんどだったのでポイントだけ解説して、対局の時間を長めに取りました。

【昇級者】
R・Sくん 7級→6級
J・Yくん 14級→13級
A・Fくん 18級→17級
S・Oくん 32級→31級

規定の成績を挙げたあとに先生との対局の昇級テストがある6級になかなかなれなかったRくん、4回目でついにスワ先生の2枚落ちを攻略しました!
先月入会のSくんは初昇級です。

2015年10月12日 (月)

12/20(日)おとなポポ・こどもポポ合同将棋大会

今年も年末に、おとな将棋教室ポポ・こども将棋教室ポポの合同将棋大会&忘年会を行うことになりました!

詳細は11月になってからプリント等でお知らせしますが、日程・場所のみお知らせしておきます。

2015年12月20日(日) 午後開催 場所・ポポ目垣教室(佛照寺)

会員さん全員参加でも入れるくらいのスペースです。予定を空けておいてください!

昨年の模様はこちら

10/17おとな将棋教室ポポ受付

10月17日(土)「おとな将棋教室ポポ」は増田裕司六段が講師です。講座テーマは「本筋の指し方」です。

指導対局のみの受講、1回きりの受講もできます。
指導対局は棋力不問です。
非会員の方の募集は、講座が10名程度、指導対局は若干名です。

○申し込み方法
メールsuwablog@gmail.com(諏訪)に「10/17おとな将棋教室ポポ受講希望」と書き、お名前とご連絡先、講座と指導対局のどれを受講するかをお知らせください。棋力がわかる方はお書き添えください。 入会済の方は、指導対局も希望する場合お申し込みをお願いします。体験受講をお済ませの方で入会希望の方は、可能でしたら初回出席日のみお申し込みください。

2015年10月10日 (土)

ポポ開講しました!(土曜中級・初級)

今日は写真多め、文章長めです。

中級は11人の受講ととても多かったです。木曜日と同じく、6枚落ちの端攻めの講座を行いました。同じ講座をあと今度の水曜日にもしますので今日の講座でわかりにくかったという人は水曜日にも来てください。

今日はメンバー紹介しながら、各人の特徴と課題を考えていきます。

002

Jくんは昨年夏休みの入門教室でルールを覚えて、冬休みまでに急成長してポポ初の飛び級をしました。今は初級と中級の連続受講で対局を重ねています。指されたら困る手が見えても「ばれへんやろ」と突っ込むところがあります。初級には通じていますが、中級ではバレます(笑)。手はよく見えているので、頭の中を整理してから次に進みましょう。
Tくんは今日既定の成績を収めて20級昇級テストに挑みましたが、残念ながら敗戦。直前の講座で出てきた「大事なポイント」をすぐに生かすことができていませんでした。高学年なので、習ったことを応用して実戦で使う工夫があれば伸びるでしょう。
Kちゃんは6年生になってからポポに入ってきましたが、既に大会出場経験もあって当初から落ち着いた将棋を指していました。指し手は基本を忠実に行くタイプ。しばらくは順調に昇級しそうですが、壁にぶつかったときに思い切った手が指せるようになるかがそのあとのポイントです。
Hくんは超のつく長考派。習った棒銀や矢倉囲いを作るところまではうまく指せますが、未知の局面になった途端にリスクを恐れるあまりに手が出なくなります。まずは駒の交換を恐れないこと。教室はたくさん失敗するところなので、思い切ってたくさん駒を動かして1日に2~3局指せるようになりましょう。3手詰ハンドブックを解くスピードがもっとも遅いので、家で1日1問でいいので解くようにしてください。

003_2

姉妹のお姉ちゃん、Sちゃんは昨日昇級してポポでは3番手。1番手・2番手・4番手のS家の3人の出席数が減っているので、先生との対局以外は駒落ち上手をしてくれています。ところが棋風は上手には向いていない、駒損してでもどんどん攻めるタイプ。特に歩を使わずに金銀が単独で突っ込む傾向があるので、少し我慢して歩を交換し、歩の手筋を使えるようになるとさらに勝率が上がると思います。
妹のAちゃんは非常にきれいな将棋を指しますが、それゆえに相手に狙いが見破られやすい。攻めも受けも常に1枚分の余裕を持とうとして、つけこまれるシーンが多く見受けられます。スリルあるギリギリの1手違いの勝負を挑むと、壁を越えられる気がします。

004

Kくんはこどもポポ最年長の中学2年生。マイペースで空き時間もひとりで遊ぶことが多かったですが、夏休みの途中から他の子の感想戦に加わって一緒に考えるようになりました。将棋はどこで覚えてきたのか原始中飛車でガンガン行っていましたが、スワ先生がみんなに対策を教えたので(笑)、最近はしっかり囲うことを心掛けているようです。
Hくんは、これまたどこで覚えてきたのか、いつでもどこでも金無双。いつも銀を上がってしまうので相手が居飛車のときは壁銀で玉が逃げられなくなっています。せっかく金無双を覚えているので無理して美濃囲いと使い分ける必要はないですが、銀を上がるとき、上がらないときの判断をするといいでしょう。攻めはシンプルながら読みが入っていて、とてもいい傾向です。
Tくんは中級最年少の1年生で、みんなにかわいがられています。年齢の割に体が大きめで、将棋も体格を生かしたような力強い攻めが特徴です。たまにパンチが強すぎて自分に跳ね返ってきているのですが、今はまだ気にせずにどんどん攻め続けてほしいです。でも玉は囲いましょう。
Aくんは勝ったときはどういう手順で勝ったかを明るく教えてくれて、負けたときはひとこともしゃべらないので、勝ち負けがとてもわかりやすいです。本当は勝ったときこそ慎重になり、負けたときに自分を励ます、難しいことばでいうとセルフコントロールが大事です。特に負けたときは並べ直して自分と向き合う時間を作りましょう。棋風も勝ったあとと負けたあとでは全く異なるので分析が難しい。連勝連敗タイプです。
Sくんは講座中によくおしゃべりしますが、雑談ではなくて講座へのリアクションなので決して悪いことではありません。習ったことをすぐに使おうとする熱意はNo.1です。半年ほど前に1日に反則5回というポポ記録を樹立してしまい、その他もだいたい1日に1回は反則していたのですが最近はほとんどなくなり、成績も安定してきました。自身が策士なだけに相手の指し手を深読みしてドツボにはまることがあるので、素直に指してみましょう。

以上、今日の中級メンバーの分析でした。

005

初級は8人の受講でした。
3手詰ハンドブックから出題した問題を見ながら「3手読む」とはどういうことか考えてみましたが、この講座の最中にちょっとしたハプニング…?事件!?が発生。
周囲に冷やかされた当事者の本人は「これではあかん」と気づいたようでその後の行動に反省が見えていたので、ここでは何があったか内緒にしておきましょう。

007

初級は最近入った子もいるので分析しづらいですが、挑戦してみましょう。(連続受講のJくんを除く7人です)

先日入会したばかりのSくんは難しい問題でもどんどん手を挙げて、堂々と間違えてくれます。どんどん間違えて自分の答えがなんで間違いだったかわかるようになればいいでしょう。将棋はまだ動体視力(どの駒がどこに利いているかすぐに気づく力)が備わっていないですが、1枚で攻めるのではなく2枚、3枚と力を合わせているのがいいですね。
Nくんは最年少の年長さん。年中さんで入会した頃は、座って対局すると顔が将棋盤より下に隠れてしまい、盤の向こうのほうが見えていない状態でした。今でもまだ全体を見るのが大変なので王手放置などが多くなってしまいます。将棋は大駒の飛角を使うのが大好きなので、小さな駒を使うようにすれば勝てるようになるでしょう。
Mくんは先生の話を聞きたい気分になったら聞いていて、そうじゃないときはキョロキョロしていますが、ポポは学校じゃないのでそれでもOKです。でも聞いたほうが早く級が上がるよ、ということはお伝えしておきます。将棋もどこか気まぐれ。あっちを攻めたり、こっちを攻めたりしているので、1か所を集中して破ることを意識してみましょう。
Zくんは初級ではいま最も勢いのある子です。1枚ずつの駒の利きをしっかり見ていて、タダ取られがほとんどないのがとてもいいです。今日も話しましたが攻めるときに複雑なことをして自分でも混乱しているので、自分にもわかるやすくなるように取れる駒は取るようにすると正確に局面を見る力が発揮されるでしょう。
Rくんは月1回程度の出席で、おうちでもほとんど将棋に触れていないようなので成長ものんびりです。それはそれで構わないことです。Sくんと同じく動体視力がついていないのと、駒が1枚ずつバラバラに動いていて、力を合わせた動きが少ないです。自分の駒同士がつながって動くことを意識してみましょう。
Mちゃんはスワ先生に習った美濃囲いを武器に、特に駒落ち下手で安定した力を出せるようになってきました。課題は平手。相手がどんどん攻めてきたときの対応が難しいようです。美濃囲いでの戦いは守勢に立ちやすいので、時には美濃囲いよりも飛角を使うことを優先させることも考えてみましょう。
Kちゃんも美濃囲いを習ったはずですが、いつのまにか居玉でガンガン攻める棋風になりました。ただ一度攻めたあとに休憩してしまう時間帯があり、その間に相手に立て直されています。攻めるのはとてもいいことなので、今は立ち止まらずにどんどん攻め続ける練習をしてみましょう。飛だけでなく、角と銀を使うことを心掛ければいいと思います。

013_2

手前が動体視力をつけている最中のSくんとRくん。奥が美濃囲いのMちゃんと気まぐれMくん。
今日のMくんは玉を囲ってみたい気分だったようで、Mちゃんの美濃囲いと波長があって上級の序盤戦のような本格的な戦いになっています。このあとはお互い攻め方がわからなくなって時間切れ、引き分けでした。
と金、成香、成桂を相手の金銀と交換するように指してみましょう。

【昇級者】
Z・Oくん 27級→26級

2015年10月 9日 (金)

ポポ開講しました!(金曜中級・上級・おとな)

金曜日は今日からフジワラ先生の担当です。改めましてよろしくお願いいたします。

003

中級は6人の受講で、桂馬と香車の手筋の話でした。最初は「えっ、こんなん初級の講座やん」と思っていた子も多かったと思いますが、難しい話が出てきましたね。

013

今年生まれたばかりの弟くんがお兄ちゃんの応援に来ていました!

015

↑Hくんが散髪してからポポに来たそうで、なでなでしたい頭になっていました。
上級は2人と体験受講おひとり。体験受講の子はスワが時間をお伝えし間違えていて中級のつもりだったとのことで失礼いたしました。
講座は一緒に受けてもらって、その後個人レッスンを行いました。

019

おとなは5人。普段土曜日に来ている方々が新しい先生の門出のお祝いで受講しにきてくださって、恐らく金曜おとなポポの最多受講者数だったのではないかと思います。
上級とおとなは端攻めの講座でした。

【昇級者】
S・Kさん 5級→4級

2015年10月 8日 (木)

ポポ開講しました!(木曜初級・中級)

今月はたまたま先週がお休みで、今日から指導です。ちょっと遅めだったのでギアを入れていきましょう。

001

初級は2人の受講。いま、目垣の初級は全員出席しても3人なので一番少ないクラスです。その分来た子の様子を見て講座の内容を変更できることもあるので臨機応変に進められています。

今回は普段1手詰を解いているメンバーで3手詰を考えてみました。

004

対局は2面指しのあと、早く来た中級の生徒さんに入ってもらいました。

009

中級は9人の受講。ポポで初めてかもしれない6枚落ちの端攻め定跡を紹介しました。
今まで紹介してこなかったのは、ポポではこども同士の対局で6枚落ちや8枚落ちがあって、上手をよく持つ子が嫌がると思っていたから。でも必要な知識なので今月のスワ先生担当の各曜日、1回ずつだけやります! 次にやるのは1年後か2年後だと思いますので、6枚落ち下手に苦労している子はぜひ聞きにきてください。

010

【昇級者】
○おとな D・Kさん 16級→15級

引っ越しのため退会するD・Kさんが最後の出席で昇級を決めました。短い間でしたがありがとうございました。

2015年10月 3日 (土)

将棋サークルTで指導対局

10月3日(土)の午後は将棋サークルTでの指導対局でした。

会場となる生涯学習センターの隣にある中央図書館がリニューアル工事で閉館していました。(今話題の図書館にはならないですよね…?)

指導対局、同所で開かれている指導棋士のS先生の講座で習っているのか、以前に比べて駒落ちの方が増えてきました。駒落ちのリードを生かして勝ち切る方が増えています!

S小学校でどうぶつしょうぎ講座

10月3日(土)の午前中はS小学校でのどうぶつしょうぎ講座でした。

今回はルールを知っている子が多かったですが、初めての子もいたのでルール説明から行いました。

途中で「つながる王手」「ひとりぼっちの王手」の話をしたので、大会の時間が短くなってしまいました。

Pict0000

Pict0001

今回は男女比が半々でしたが、上位はみんな男の子でした。

終わったあとは、同日に開催されていたけん玉講座の講師で来ていた全日本3位の方のパフォーマンスを見学させていただきました!

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

イベント情報(リンク集)

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31